日付オブジェクトの入力

セール日などを入力するとき

 例えば下図のようなデザインの場合、「月、日、曜日、日、曜日」をそれぞれ別々に、しかもカレンダーを見ながら手入力することになります。結果、日付オブジェクトでは入力間違いがよく発生します。

日付専用入力エディターを開発しました

 カレンダーで期間を選択してボタンを押すと日付オブジェクトの内容が変更されます。

 ​祝日にも対応しています。